父親が許せない。でも親に「感謝しない」ことで心がとてもラクになれた。

子供時代、両親はよくケンカをしていて家庭環境が悪かったです。

今でも思い出しては子供のときの私に戻って悲しくなったり、頭から無性に離れなくなったり、ぼーっとそのときの記憶に縛られるときがあります。

 

19歳くらいのときに一人暮らしを始めたんですけど、親元を離れてからそれでもなぜか父親に対して「感謝しなきゃ」とか、「親にはここまで育ててもらったんだから大切にしなきゃ」、と俗にいう「親に感謝せよ」という風習?世間一般の常識?みたいなのに縛られていました。

 

それから結婚し、子供をもつようになって自分が「親」という立場になってはじめて、

「親には感謝をしなくてもいい」

「親を大切にしなくてもいい」

と思えるようになって、すごくすごく心がラクになれたんです。

 

あなたがもし、

・親のことを許せない

・親にされたことを許したくない

・でもなぜか憎むことができない

・親には感謝しなくてはいけないのか

など過去の記憶に縛られることがあったら、「親に感謝しなくてもいい」と思うことであなたの心が少しだけラクになるかもしれません。

 

スポンサーリンク

親を大事にしなきゃいけないという常識に苦しめられた

とにかく世間一般ではいうじゃないですか、

「親には感謝しなさい」、「親を大事にしなさい」って。

 

私自身この言葉にしばられて、父にされたことを許せない、と思いながらも、

親だから

血がつながってるから

という理由で過去のことを許さなければいけないのかというモヤモヤにずっと苦しめられてきました。

 

自分が親になって、子供に「感謝してほしい」とまったく思わなかった

とはいえ自分が親という立場になったとき。

「子供に感謝されたい」

なんて少しも思わなかったんですよね。

 

確かにね、どうにもこうにも子供に合わせて、自分の時間を子供たちにたっぷりそそいで、

「あんたたちー!ママはこれだけあんたたちのためにやってるんだからねー!!感謝しなさいよぉぉぉ!!」

って言いたくなるときも正直ありますよっ(笑)

 

でも、心の底から子供たちに「感謝されたい」「ありがたいと思われたい」とはこれっぽっちも思わなかったんです。

 

というより、子供を生んだのも、育ててるのも「私が選んで、やりたくてやってること」というベースがずっとあるので、感謝されたいなんて思わない。というか、私が子供たちに感謝してる。

私の元に生まれてきてくれてありがとう、たくさん学ばせてもらってるよ、楽しいよ、幸せだよって。(もちろんたまにガミガミ言ってこう思わないときもある笑)

 

だから親に感謝なんてしなくていいんだと心から思えた

親ってのは自分の意志で子供を産んで育てているんだから、親に感謝する必要はないというのが私の考え方です。

いや、あるんですよ。父に対してこれはありがたかったなぁとか、こうしてもらってよかったなあってことはいくつか。

 

でもあえて過剰に感謝する必要はないんじゃないかと私は思っています。

 

結構まわりは言いますよ、「でも親だからさ」とか「親とは縁が切れないんだから」とか。

でもそれってみんな固定観念とか一般常識にしばられてるだけなんじゃないかって思うんですよ。

 

「じゃあどうして親を大事にしなきゃいけないの?」って聞くと結構な確率で「いや、まあ親だし」って言います。

親を大事にしなきゃいけない理由なんてみんなよく分からずにいるんですよ。

 

親を許せないという気持ちは過去の自分と固定観念のプレッシャー

これは完全に私の主観だけどね、父を許せないって気持ちは多分この二つがあるんだと思う。

 

・過去の子供のころの「私」がまだ泣いてる

・私のことを悲しませた親だろうけど、でも親なんだから大事にしなきゃいけないっていう固定観念

このふたつのプレッシャーに挟まれて苦しんでるのかなって。

 

悔しい思いがあるのに許さなきゃいけない、許してあげられないなんて親不幸ものだ!みたいな。

一時期この「許してあげられないなんて私はなんて冷たい人間なんだ」って自分を責めてたけど、自分の本当の気持ちを押さえつけるのは正しいことじゃないよな、って大人になってから気づきました。

 

あえて親に感謝する必要はない。それに加えて距離を取るという選択で解放された

現在私は母とたまーにラインで連絡を取りますが、父とはほとんど取りません。

前まではね、「親なんだしたまには連絡とったほうがいいのかな」なんて思って子供たち連れて実家帰ったりしたけど、最近は体調悪いとか用事があるって断ってます。

 

というのもね、父の顔を見るたびに子供のころの私が出てくるんですよ。

今はこんなにふうに笑って過ごしてるのに、なんであのときこんなふうに穏やかに笑ってくれなかったの、なんでもっとこうやって家族で笑って過ごしてくれなかったのって。

 

過去の私は父に対して泣いてばかりで悩んでばかりで、どうしたら父が機嫌よくなるんだろうかとか、母と言い合いにならないにはどうしたらいいんだろうってそんなことばっかり考えてました。

だから今は憎むというか納得できない私がいるんですよ。

毎回毎回、会うたびにモヤモヤしてたんです。それがすごく気持ち悪かった。

 

だから無理に感謝しない、ほとんど会わない、とグッと距離を離すことでモヤモヤしなくなりました。

そしたら驚くくらい心が解放されたんです!

 

・親に対して感謝しなければと思わなくてもいい

・親と距離をグッと離す

この二つで自分の心がとてもラクになれました。

 

おわりに

もしかしたらこんな記事を書いて

親不孝者だ!とか、親を大事にしないなんてサイテーだ、と思われるかもしれません。

 

でも私はこの方法で過去の自分から解放されて、やっと自分の人生を生きることができているんです。

今まで定期的に3,4か月くらいで孫たち(私の子供)に会わせてあげなきゃと思って会っていたんですけど、その度に心が重くなっていました。

親に会うのに心が重くなるって、かなりしんどいです。

 

親だし、過去のことを今さら掘り出してもしょうがない、まあ許してあげてもいいんじゃないか?

なんてとても思えない自分がいる。

その葛藤にずっとずっと悩まされていたけど、もう悩まなくてもいい。

私は親に感謝をしないし、距離をとる。

 

「許せない」というマイナスの感情は残るとそれはまたそれで心がしばられてしまうので、会わない。

今の現状が私に一番合ってるんです。

 

スポンサーリンク