【東海大学の水族館】東海大学海洋科学博物館に行ってきたよー!

スポンサーリンク

ながっ!ながいよ名前!!!

東海大学かいよう・・・までしか覚えらんないわ!!とツッコミはこのへんにしといて☆

 

先日、「東海大学海洋科学博物館」に行ってきましたー!(やっぱながいわ)

博物館というと勘違いしちゃうかもだけど、施設内はいわゆる水族館です。

 

こちらの施設は歩いて1分ほど離れた場所に「東海大学自然史博物館」という施設もあり、

・東海大学海洋科学博物館→水族館

 

・東海大学自然史博物館→恐竜

「水族館」「恐竜」と二つも楽しめるんです☆

てことでこの記事では水族館の中身をお伝えいたします☆

 

水族館の最初のイメージはね、しょーーじき言って「ショボいのかな、、」と思ってたんです。(ごめんなさいごめんなさい)

なんとなく中くらいの水槽があって、大学の中にあるイメージだったからお堅いカンジで子供があまり楽しめないのかなーなんて思ってました。

しかし・・・土下座ものでした。

なかなかのクオリティ!そしてめっちゃ楽しめたーー!!

ちょっと行ってみよっかなーて方にこの記事がお役に立てればと思います☆

 

スポンサーリンク

料金は?

この写真は自然史博物館(恐竜館)の料金表なのですが、ざっくりまとめると

・海洋科学博物館(水族館)

 

・自然史博物館(恐竜館)

 

両方行くと、大人(高校生~)1800円、小人(4歳~中学生)900円です。

 

単独券は、

・海洋科学博物館(水族館)は、大人1500円、小人750円

 

・自然史博物館(恐竜館)は、大人1000円、小人500円

なので両方行ったほうが断然お得!!ぜひ水族館と恐竜館の二つ行ってみましょう☆

年間パスポートもあります!

 

割引クーポンはコンビニで!

こちらのサイトがオススメ↓

子供とお出かけ情報サイト「いこーよ」

コンビニにある機械に「コード番号」を入れて発券するだけ☆

 

対応コンビニは、

セブンイレブン、ローソン、ミニストップ、サークルKサンクス、ファミリーマート

で発券できます^^

 

東海大学の水族館はどんな感じ?

世間では夏休み期間だったので混み合っていました☆

家族連れだけでなくカップルもたくさん見かけたし、子供たちもはしゃいでたしとても楽しめました^^

 

施設内は結構広いんですよ!思った以上に広かったのでベビーカーも余裕で押せるし、ゆっくり見られました!

なんか顔出してる↓

 

息子も興味しんしん!!

 

ヒトデの下ってこんなんなってたの知ってました?足いーっぱいあるのね!!!

 

不動の人気「ちんあなご」☆かわいいん^^

 

クラゲってなんで紫の色をあてるとこんな幻想的になるんでしょ

足のひも、からまんないの?

こわっ!!顔こっわ!!!

 

このマヌケなお顔にふしぎと惹かれる・・・

とげとげに毒があるそうです。ひー

 

子どもの身長くらいの高さのトンネルで中からも魚が見えます。

 

こんなおっきい水槽があるなんて!!知らなかったーーー!!!

なかなかの迫力でした!!

 

水槽の中が空洞になっててまるで水槽の中にいるみたい・・的なやつです^^

 

どの子も言う。「ニモだー!!ニモニモーーーー!!!」↓↓

確かにかわいいっ!!!この水槽も中に空洞があって入れます^^

 

東海大学海洋科学博物館は二階もあるんです

二階はね、水槽や魚たちはあまりいなくて、ロボットがたくさんあるんです。

え?ロボット???

そうなんですよ。カニとかイルカとか海の生き物と同じ動きをするロボットがたくさんあるんです。

そしてこんなふうに↓↓リモコンがあって動かしたりできるから子供たちが興奮して動かしています!!

 

イルカと同じ動きをするロボット↓↓

 

こんな巨大シアターも!!

3Dメガネをかけて自然の海中の様子を大型スクリーンで立体映像として見ることができるんです!

子どもたちが手を出して立体的に見えてる魚をつかまえようとしてました^^

3Dシアターの上映時間もぜひチェックして、時間を調整しながら行くのも手ですね☆

3Dシアターの上映内容、時間をチェックする>>>

 

こんな巨大な標本も!!

 

そして最後は一階にもどりました。

一階には「クマノミ・キッズ」という子供向けのタッチプールや、遊ぶスペースなんかもあって子供たちがはしゃいでいました。

ヒトデとかヤドカリに触れることができます。

 

お写真は撮ってないのですが、「授乳室」「おむつ替えベッド」「調乳用の給湯器」もそろっているそう!!

東海大学の水族館、なんて優しいんだ!!

 

東海大学海洋科学博物館のアクセス・駐車場・定休日などなど

名称:学校法人東海大学 /東海大学海洋科学博物館
所在地:静岡県静岡市清水区三保 2389
公式サイト:http://www.umi.muse-tokai.jp/
電話:054-334-2385

営業時間:9:00~17:00
定休日:毎週火曜(祝日のときは開館)と年末
*ただし、春休み、ゴールデンウィーク、7~8月の火曜は開館
料金:海洋科学博物館・自然史博物館両方で
大人(高校生~)1800円・小人(4歳~中学生)900円
単独券の場合、
水族館→大人1500円・小人750円
恐竜館→大人1000円・小人500円
駐車場:近くに有(人が案内してくれる)一日500円
トイレ:有り
アクセス:
【電車の場合】
JR東海道線清水駅下車、駅前のバス停から『東海大学三保水族館』行きバスに乗車。
終点で降りて少し戻ると博物館が見えてきます。バス停から歩いて約1分。
【自動車の場合】
東名高速道路清水インターから
国道149号(湾岸道路)を経由し、国道150号の駒越東町を左折し、県道199号(三保街道)で約30分。
東名高速道路静岡インターから
国道150号(いちご街道)を通って、駒越東町を右折し、県道199号(三保街道)で約30分。

 

まとめ「東海大学の水族館は子供でも大人でも十分楽しめたー☆」

東海大学海洋科学博物館の中はむしろ子連れのファミリーにオススメしたい!

子供が楽しめるようにたっぷり工夫がされてるし、6歳の長女も3歳の次女もすんごく楽しそうでした!

また行きたい!って子どもたちも言ってたし、私自身もぜひまた遊びに行きたいと思いました!

「水族館」と「恐竜館」とぜひとも両方遊びに行ってみてくださいね!^^

スポンサーリンク