chissaのプロフィール

こんにちは!はじめまして^^

chissaと申します☆

プロフィールをご覧いただきありがとうございます!

 

chissaの基本情報☆

1987年生まれ。6歳♀、4歳♀、1歳♂の3人の子供を育てて専業主婦やってます!

出身は静岡県浜松市の遠州人。今も静岡に住んでいます^^

 

好きなのは、ブログを書くこと、お洋服(着るのも見るのも好き)、本を読むこと、1人で過ごすこと☆

音楽は家族全員でミスチルファンです☆

 

1人で行動するのがものすごく好き!

カフェでも吉野家でも1人でどこへでも行けます!今は子育て中なのでなかなか1人でいられることは少ないですが・・・

 

それからぼーっと物思いにふけること。その思いをブログに書くことが好きです^^

この記事↑↑のとおり、人と話したりするの好きですけど、主に1人でいるの大好きです。

「内向型の社交的人間」

てことみたいです。

 

1人でぼーっと考え込んだり行動したりすると、「ハッ!!育児ではこうしたほうがいいんじゃないか?」みたいな新しいアイデアが生まれたり、気付きを発見したりしてそれがまたすごく魅力的なんですよね。

自分の内部の思考や感情に心惹かれて一人になることで、エネルギーを充電する人がいるんです。

もうね、まさにこのとおり!!

 

 

性格はちょーポジティブ!

ポジティブというか自分の都合のいいように置き換えるのが得意w

人が好き。人の役に立つことで満足感いっぱいになります。

 

人見知りまったくしないのと、人の顔覚えるのがなぜか特技です。一回お会いしたらなぜかずっと覚えてます。

と言うとぐいぐい系かと思われますが、そこは空気よむから安心してw

 

人の「動き」や「しぐさ」を見て何を欲しているのかがなんとなーく分かったりします。昔からそういう気質なんです^^

 

ツイッターやってます☆(@chissa122)

ぜひフォローしてください^^

 

ブログの由来とテーマ

このブログの名前の由来ですが、

mama + myself(自分自身とか自己という意味)で「まませるふ」と組み合わせた造語です。

 

突然ですけどあなたは毎日毎日子育てをしていて、子供は目に見えて成長してるのに自分はただただ消費していくばかりだと思うことはありませんか?

私は今まで、母親は子供を産んだら「子供のために生きていかなくちゃいけない」って思ってました。

 

でも子育てって本当に大変で・・・毎日子供のためを思って子供のために生きるのがしんどくなってきたんです。

「もうっっこんなにやってんのになんでうまくいかないんだろう・・・」

「子供と過ごすのがイライラすることばかりで辛い・・・」

「私は何も成長していない・・・」

なんだか自分がちっぽけで何もできていない感じがして、自信がなくなっていく一方でした。

 

専業主婦で子育てだけをして今の人生を受け身で過ごすのは嫌だ!!何か自分ができることはないか・・・
と考えていたらブログに出会えたんです。

 

母として、女性として、一人の人間として子育てを頑張っているママ、自分自身と向きあって一生懸命なママをひたすら応援するためにこのブログは作られました。

子供といっしょに「私」も成長する♪

がこのブログのテーマです。

 

このブログ「まませるふ」で何をしたいのか

先に結論を言うと、

・子育てだけでママの生き方を終わらせない活動を広める

・親が勉強になることを広める

この2つです。

 

「子育てだけでママの生き方を終わらせない活動」とは?

後ほど私の経歴をさらさらっとご紹介いたしますが、私の母がね、ずーーっと「子供だけを生きがい」にして生きてきたんですよ。

亭主関白の父には逆らえなくてすべて父の言いなりで、自分には何もできることがないと思っていて、「お母さんには子供しか(生きがいが)ない」ってよく言ってました。

 

そんな母が何年か前に子育てをひと段落終えたんですよ。

一番下の妹が大学に行くことで家から子供たちがいなくなってしまったから。

 

そしたらね、母が睡眠障害とか精神の不安定とか心にポッカリ穴が空いてしまったのか、一気に精神ガタッときたんですよ。

そんな母を見てきたので、私は絶対に子供のためだけに生きてはいけないって思ったんです。

 

そして、「子育てだけでママの生き方を終わらせない活動」を広めていかなければって、勝手にですけど使命感を抱いています。

 

なぜ「親が勉強になること」を広めたいのか?

私は今まで「子供をしっかり育てなきゃ」、「きちんとしつけなきゃ」、「ちゃんと勉強させなきゃ」って毎日あくせくしてました。

でもあるとき、まずは親である自分が勉強しないとダメだって思ったんです。

 

子育てをしていると子供のことばかり目がいって、子供に「こうなってもらいたい!!」と一方的に思いがち。

でもそれって本当に子供のためになっているのか、子供にとって本当にいい教育なのかって疑問に思ってきたんですよ。

 

まず自分は子供にこうなってもらいたいと思えるような親なのかなって。

親が姿勢を見せていかないとって思ったんです。

 

だからまずは親が勉強しなければと、教育についてとか子供の心とか、日々体感しながら勉強しています。

なので私が子育てをしていて、「これはためになったなー」とか、「うわーこれは勉強になる!」っていうのを発信して広めて、親たちみんなが勉強して、みんなで子供たちを育てていこうって活動をしたいんです。

 

これは2つを広めていくことは私の使命だ」と勝手ではありますが抱いております。

 

chissaの経歴をさらさらっとご紹介

親を反面教師で見てきた変な子供だった

私の両親は自営業をしていて、父はあまり家にいませんでした。

父はよく怒る人で、子供の頃はとにかく怖かった。

「もっと優しく言ってくれればいいのに」

「そんな言い方しなくてもいいのに」

と常に不満を持っていました。

 

そこから自分の結婚観とか子育て観みたいなのが出来てきて、

「自分の子供にはこんな悪い言い方はしないようにしよう」

「こういった声掛けをするようにしよう」

と反面教師で見るようにしていた変な子供でした(笑)

 

物心ついた中学生くらいから、自分が子供を持ったらこういう育て方をしたいという理想みたいなのがありました。

今思えばこの頃から「子供を育てる」、「教育する」ということにとても興味がありました。

 

夫婦仲が悪い両親

とにかくケンカが多かったんです。

 

子供って、両親のケンカが恐怖なんですよね。両親が大声で怒鳴り合って、傷つけ合う。

「夫婦って好きで結婚したはずなのにどうしてこんなに傷つけ合うんだろう」

ずっと疑問を思いながら過ごしてしました。

 

子供の頃はそれが本当に辛かったです。

 

勉強ができないコンプレックス

ほんっっとできなくて(笑)

勉強大嫌いでした。

 

でも学校って、勉強できる人が一目おかれたりするじゃないですか。

勉強まったくできなかったから、できない自分が本当に嫌いだった。

 

中学になるとどんどん難しくなっていくから全然追いつけなくて、ますます勉強が嫌いに。

 

高校を中退する

両親の事業がうまくいかず、会社も倒産。

勉強ができなかったため公立の高校受験に失敗し、すべりどめの私立に行っていた私は、高い授業料が払えずに高校を中退しました。

でもそれが私にとって、とても良い転機になったんです。

 

大検の資格をとる

今は「高卒認定試験」て言うんですね。

私が受験したころは、大学入学資格検定いわゆる「大検」というものでしたが、
勉強大嫌いだったのにもかかわらず、なんかこのときは頑張って勉強したんですよねー。

 

高校を辞めてなぜか「今までの自分を変えたい!!」って欲がわいてきて、無我夢中で勉強しました。

ミスドのカフェオレがおかわり無料なんで毎日ミスドに行って勉強。(家で勉強するとだらけるタイプ)

 

ミスドのバイトリーダーみたいなお姉さんと仲良くなって、おかげで気まずくならずに
6時間くらい滞在させてもらってましたw (あのときのミスドには感謝です)

やっぱりちゃんとやると結果って出るんですね。

一発合格でした!!

 

9教科ですよ??塾とか行かずに!(褒めて)

中学とかちょー点数悪かったのに!(褒めて)

勉強とか学びってしっかりやれば結果が出て楽しいもんなんだなってこのとき初めて知りました。

 

もし高校を辞めずにそのまま行ってたら、こんな気付きはきっと一生なかった。

ほんっっと高校中退して良かった!

父さん倒産アリガトウ

 

結婚式場、アパレル、居酒屋、とバイトしまくる

大検合格したのと同時に飲食店のアルバイトを辞めて、新しいバイトを始めました。

まず時給が1200円スタートってのにちょー惹かれてやりだした結婚式場の配膳アルバイト。

朝8時に出勤して、遅くなると23時とかw

 

結婚式って新郎新婦にとっては大事な大事な日。緊張感もあるし、失敗は許されない。

だからこそ真剣にやったし、夢中で仕事も覚えました。

 

この仕事ではある程度仕事ができるようになると「両親卓」って言って新郎新婦のご両親のテーブルの配膳を任されるんですよ。それを任されたときが本当に嬉しかった・・・

 

今まで学校生活では勉強ができなくて、しかも運動もそこそこなレベルだったから「楽しい」とか「できた」って自分を肯定できるものがなくて「私って何もできないな・・・」っていつも思ってました。

 

今まで自分の自信につながるような経験が少なかったんだけど、この接客の仕事が自分の自信を作ってくれたし、達成感を味わうことの魅力にどんどん引き込まれていきました。

そしてやはり自分は人と接すること、人が喜ぶことが好きだということを改めて実感しました。

 

それと同時にかけもちでアパレルをやってました。

もともと洋服も好きだったので、着こなしなんかも学べて本当に良い経験に!

お客さんが私のスタイリングを気に入ってくれることも嬉しかったし、お店の雰囲気や一人一人の心持ちで日々の売り上げが変化することが単純に面白かった!

 

日々の個人売上とか予算達成が大変でしたが、正社員並みに働いてクタクタでしたが濃い経験でした。

 

アパレルの仕事が忙しくなると土日メインの結婚式場の仕事ができなくなり、名残惜しくもウェディング業界から離れることになりました。

結婚式場を辞めたあとはアパレルを昼メインに。夜には新しく居酒屋で働き始めました。

 

そこで今の旦那さんと知り合いました。このときはまだ友達同士だった2人。

旦那さんが大学卒業して居酒屋を辞めたあともなんだかんだと交流はあり、ひょんなことから付き合うことに。

 

保険の営業を経験する

自分の働き方に迷いが出てきて、このままずっとフリーターでいいんだろうかって。

今思えば別に大したこだわり持たなくても良かったんじゃないかと思うんですけど、正社員を経験しないと、社会人として、大人としてどうなんだろうかって考えるようになったんですね。

 

アパレルのほうでも「社員にならないか」って声かけてもらってたんですよ。これでも結構個人売上の成績良かったんですー^^

でも自分で時間調節したり、休みをコントロールできるアルバイトはとても魅力的で。

正社員になるといろいろ縛られるしなーーと断り続けていました。

 

でも正社員は経験してみたい・・・と考えていたらいいタイミングで「保険販売員やってみませんか?」って保険のおばさんに声かけられたんですよ。

 

アパレルの仕事以外にも他の経験もしてみたいという気持ちもあったので、これを機に某有名保険会社に正社員として就職。保険販売員なんでつまり「営業」ですね。

毎日毎日どこかのお宅をピンポンして周りました。

どこかの会社にお昼の時間に行かせてもらって「今なんの保険入ってます?」ってサラリーマンに声かけまくったり。

でも全然話も聞いてもらえないし、むしろ嫌われるような扱い・・・

 

私、人が好きなのになんか煙たがられてる・・いや、営業なんてこんな世界なんだ!生半可な気持ちじゃだめだ!!と必死にやってましたが結果、半年で辞めてしまい無職に。

たった半年で辞めてしまうことになったけど、毎日仕事が楽しくなくて心が辛くなってしまったんです。

 

人生そう簡単にうまくいかないことを身をもって痛感しました。

 

お世話になった社長から一緒に事業をやらないかと声をかけられる

無職になってすぐのタイミングで、最初にアルバイトしてた飲食店の社長から、

「今度清水で飲食店を立ち上げるからおまえ一緒にやらない?」

と声をかけてもらいました。

 

え!?お店立ち上げ?なにそれかっこいい!!面白そう!やってみたい!

ほんっと単純だからすぐにオッケーの返事を出しました。

無職だったし、こんなチャンスが!?と胸をホクホクしてその社長についていきました。

 

しかし飲食店の正社員て半端ない大変さ・・・アルバイトと正社員では全然違う!!!

飲食店の社員ていつもこんな重労働なの?精神病まない?大丈夫?これ・・続けられるの!?

長い長い労働時間。売り上げのプレッシャー。細かいシフト調節。「社員なんだから」という重荷。

社長とも「アルバイトだった頃の関係」と「正社員との関係」が全然違ってすごく疲れてしまいました。
当たり前なんだけどね。

毎日仕事が憂鬱でした。休日が待ち遠しかった。彼氏(今の旦那さん)に会うことを励みに日々頑張れました。

 

もちろんとても濃い経験、楽しい経験が得られたことも事実です。でも・・・私には続けられませんでした。

私には仕事を続けられる根性がないんだ、甘い考えだから何もできないんだってこのときは自分が何もできない人間に思えました。

 

結婚を決め、すぐに妊娠

自分の無力を感じつつも、彼(今の旦那さん)と結婚することになり退職を決め、社長にも伝えたあとすぐに妊娠が発覚!!

子供はすぐに欲しいと思っていたので、妊娠がわかったときは本当に嬉しかったです。

 

辛い辛いつわりを経験し、無事に出産。

仕事を全うできなかった無力感に襲われていた自分を見返すような気持ちで「立派なママになるぞーーー」と意気込んでいましたが・・・

 

理想と現実と違う子育て

理想とはまっったく違いました(笑) 子育て、ほんっと大変ですね。

でもその子育てが理想と現実と違うというところに逆に魅力を感じて、奥深さや面白さにどんどん惹かれていきました。

 

もちろん子育てが楽しいことばかりではなく、辛くなることもあったり、イライラしたりすることもあります。

そんなときこのつらさを軽くしたり、なくしたりする方法が、同じ境遇であるママ友達に話を聞いてもらうことや、ネットで同じ経験をした人を参考にすることでした。

これがとても心強かったり、ほっとしたりするんですよね。

 

あなたも励まされた経験ありませんか?

「私だけじゃないんだ」

「この考えは間違いではないんだ」

「このつらさを理解してくれる人がいるんだ」

って心がスッと軽くなったり、自信をもらえたりしたんです。

 

私もそんな存在になれたらと思っています。

 

自分自身を大切にする女性を増やしたい

ママになると、どうしても子供優先の生活になってしまいますよね。

そうなると「子供のための人生」のようになってしまって「私」という個人が薄れてしまう。

でも子供のための人生を送ってはいけない、自分の人生を送らなきゃいけないんです。

自分自身を大切にする。

まずは自分が充実した人生を送ったほうが、自分にとっても、そしてなにより子供にとってもいいんだって思ってます。

このブログ名でもある「mamaself (まませるふ)」はそんな女性を増やしていきたいんです。

 

最後に

もしあなたが子育てで悩んでいたり、ママとしての生き方に悩んでいたり、迷っていたりしたら・・・

このブログで少しでも前を向いてもらえたら

前進するきっかけになってもらえたら

と思っています。

 

ただ子育てしていると、あーしろこーしろという育児アドバイスみたいなのが疲れちゃうときってないですか?

そんなあなたに私のブログを読んで疲れてしまったり、気持ちを暗くさせたくない!!

なのであなたが少しでも「なるほどな」って思うところだけ「都合よく」私のブログを利用してください!!

 

私は育児と自分自身に向き合って頑張っているママさんを「戦友」だと思っています!

私の「ポジティブ」とこれまでの「経験」をもらすことなくブログで発信していきます。

 

こんな感じでmamaself(まませるふ)をよろしくお願いいたします(^^)

お忙しい中、長々とプロフィールをご覧いただき、ありがとうございました!!