「出産が怖い!!」そんなときは「江戸時代」と比較すれば怖くないかも




やほー!ちさ (@chissa122) です☆

 

「出産怖い!!!怖いーーー!!!」

私三人産んだけど、三人とも産むときは怖くて怖くてたまらなかったよーーー。。。

気付いたけどね、三人産むからって痛みや恐怖に慣れるわけでは全然ないね!

だって三人ともちゃんと(?)めちゃくちゃ痛かったし(ー_ー)!!

 

でね、私の独特の「出産恐怖のごまかし方」が、江戸時代と比較するっていうなんとも独特なごまかし方なんだけど、
コレ結構いろんな妊婦友達に話すと

「なるほどねーーー!!いやーーそれ聞いたらなんか頑張れるかもwww」

と絶賛していただけたんで、良かったら紹介します(笑)

 

なんか怖い・・江戸時代の出産方法

そもそもね、なんで私が江戸時代と比較したのかっていうとね、あるとき再放送されてた「暴れん坊将軍」見てたのよ。

そしたら、「め組」の若頭の奥さん(この辺の記憶があいまいでごめん)が出産するシーンがあってね、天井にぶらさがった
ひもをつかんで、ひざを立てて座る姿勢でいきんでたのよ。

これがもうほんとに衝撃で。

 

で、多分舌を噛まないようにかな?布を噛んでいきんでてね、しかもしかも!!昔は出産の痛みで声を出すことは恥じらいだったらしく、禁止されたらしいのよ!!

私なんて「いたいいたい!!早く出てきてお願いだからーーー!!!」て叫びまくってたのに。

って見てたら、うん。なんか頑張れるかも出産・・・て思ったんだよね(笑)

 

医者じゃなくて産婆さんだけなのが恐ろしい・・・

これはさ、割と有名だよね。昔は子供産むのに医者じゃなくて、お産婆さんだってこと。

もーすでにこれが怖い。

 

完全な私の想像だけどさ、多分医療とかしっかり学んでないでしょ?いや、そもそも医療を学ぶことが命じられてないだろうし、そういう技術なんか学ぶ場所もないよね?

多分経験と勘よね。

 

それと比べるとね、今はきちんと医学を学ぶ場所があって、「産婆さん」じゃなくて「助産師」っていう資格があって、
経験も大事だけど、技術もきちんと学ぶでしょ?

そうやって考えたらさ、今は免許っていう制度を通ってからじゃないとお産には関われないと思ったら・・・

「うん。この助産師さんはプロだ。何かあっても医者が近くにいる!!大丈夫!」

って思ったんだ。

 

出産後は安心・・・子供とママを守る医療技術に脱帽

子供が逆子になったり、途中で出てこれなくなったら、昔は赤ちゃんか母体もしくは両方をあきらめることもあったそう。

今の医療技術に大感謝です。

 

まずは帝王切開っていう技術を最初に考えてたくさんの実験というか実技をきちんと学んで実践までもっていくことができたってのが本当にすごいよね!!!

その方に深く・・深くお礼を申し上げます。

 

そうなんだよね今はさ、もし赤ちゃんが逆子とか途中で出てこれなくなっちゃったとかトラブルがあっても帝王切開という
技術のおかげで出してあげることができるんだよね。

しかもその帝王切開で産んだあとの母体も「縫う」ことでママの身体を守ることができる。

江戸時代のときはこういうとき本当に辛かったと思う。

 

なんとか自分の痛みをガマンするのは頑張れるかもだけど、赤ちゃん救えないなんてもう・・むり。

だから江戸時代のママたちと比べると、出産の痛み・・頑張るぞ!!って思えたんだよね。

 

縫合技術も麻酔とかも無い時代。恐怖!!

思ったんだけどさ、傷を縫うという「縫合」て江戸時代の頃ってあったのかなって思ってググったのよ。

そしたらね、諸説ありだけど戦国時代からあったそう。でもね、問題は麻酔がないってとこよ。

麻酔がない。

想像するだけでもうダメよいたいわーーー。

 

だからさ今は麻酔を打って、もし大切なところが裂けてしまったとしても縫ってくれるし、しかもその糸、消えるんだってよ?

 

あとね、後陣痛って「痛み止め」処方してくれるでしょ?後陣痛も本当に痛いんだよねー。私三人目のとき後陣痛で死ぬ思いしたからさー。

痛み止めが無いから後陣痛だってただただ耐えてたんだよね。昔のママさんたちは。

 

今の医療すごすぎ。恵まれた時代に産まれたなあと感謝すると同時に、うん。出産イケるんじゃないか!?と勇気づけられたのです。

 

え?出産したあとのごはんこれだけ・・・しかも寝れないだと??

なんと江戸時代のころ、「お祝い膳」というものはこれっぽっちもなく、少量のおかゆ!

産んでからいつまで「おかゆ」なのかは分からないんだけど、出産でエネルギー使ったんだからもうちょっとちょうだいよ。

 

しかもね、「産んでから七日間は眠ってはいけない」とされていたらしい!鬼なの?

残念ながら理由は書いてなかったんだけど死ぬっちゅーねん。。

 

ウトウトしようもんなら「いま寝そうだったよ!寝ちゃダメ!」って言われるらしい。うそでしょ?

 

男尊女卑が今より数倍強い時代

しかもさ、今は出産したら「おめでとうございまーーす!!」って祝ってくれるのが一般的じゃないですか。

それがね、江戸時代は女が子供を産むのは当たり前なんて言われてたし、痛みに耐えるのも当たり前。

出産の辛いものはなんでもかんでも当たり前ーーー。

 

これがめっさ腹立つ。

 

昔のお殿様だって誰が産んだのよ?私たち女性よ?それを男尊女卑の時代は女は下に見られまくってたのよね。

それが今の時代はまあ、かなり寛容になったかなーーという感じじゃないですか。

 

それを考えたら今の時代に出産できることはある意味幸運なのかな。

って思うようにしたんです^^

 

おわりに

いかがでしたか?

こんな江戸時代と比べたら今の時代に生まれたから全然マシか・・・と思って私は出産に挑みました(笑)

 

でも出産が怖いことには変わらないですよね^^;

こんな方法もあるよってことで笑ってリラックスしてくれたら嬉しいです^^