「母親とは強くあるべきだ!」に疲れてしまったあなたへ




こんにちは。ちさ (@chissa122) です。

 

私は結構、

「母親なんだからしっかりしなきゃ!」

って自分で自分を追い詰めちゃうタイプなんですけど、あなたはどうですか?

 

「ああ、今日も子どもに怒ってしまった」

「今日もしっかりできなかった・・・」

とできない自分を責めてしまうこと、多々ありますよね。

 

そのうえ

「しっかりしていたい!」

「強くありたい!!」

という気持ちがあって、そのギャップの違いにまた落ち込んだり。

 

今回はそんな

「母親とは強くあるべきだ!」

という気持ちに疲れてしまったあなたに向けた記事です。

 

母親は、子どもを産んだからって急に強くなんかなれない

独身時代は「母親」ってだけで強くなれるもんだって思ってました。

 

「子どもを産む」って、神秘的で神々しいことだなって思ってたし、

子どもを産むことで、グッと強くなれるもんだって信じていたんですよね。

 

でも現実は全然違った・・・

 

陣痛の痛みに耐えたことで「痛み」には多少強くなったとは思います。

でも自分自身、強くなった気がまっっったくしない!!!

 

現実は、

毎日毎日オムツを替えて、

泣いてるわが子をあやして、

スッピンは当たり前だし、

パジャマだかスウェットだかわかんない服で毎日過ごして。

ちさ
オシャレなんてどこかに置いてきちゃいましたよね…

 

ささいなこと、小さなことにイライラすることが圧倒的に多くなりました。

泣き止まないわが子が「まだまだ小さい」ことは分かってはいるんです。

でも泣き止まないことに、とにかくイライラが収まらなくて…。

 

「赤ちゃん相手になにを私はこんなにイライラしてるんだ」

ってそんな自分の器の小ささとか罪悪感にも嫌気がさしたり。

 

「母親」になったけど全然強くなんかなれない・・・

母親ってもっと偉大なのに、私はなれない!!

私は全然ダメな母親だ。

って何度も何度も思いました。

 

三人子育てしてるからって強くなんかなれない

はじめはもっとキレイなお母さん像だったのに。

 

大好きなオシャレができないってだけですごくイヤな気分というか、

「ああ、、今日もちゃんとできなかった」

って心がずーっとどんよりしてました。

 

子どもが三人いると、友達や近所の方が、

「すごい!!」

「三人なんて尊敬しちゃう!!」

なんて言ってくれるけど、現実はほんとダメダメなの。

 

子どもに怒鳴り散らしちゃうこともたくさんあります。

さっきだって次女の「いやっ」に対して

「いやじゃない!!!そんなにイヤイヤ言うなら自分でなんでもやれ!!」

って言っちゃった。

 

「子どものイライラに徹底的に向き合った私がみつけた魔法の対処法

なんて記事書いてたくせに、全然子どもと向きあえていない自分がいる。

 

もう、全然強くなんかなれない。

子ども三人いたって、全然強くなれない。

 

母親神秘説なんてウソだ。

 

母親だからって私はみんなと一緒!急に強くなるわけじゃない

「母親だから」って急に強くなるわけないんですよね。

 

「強くあるべきだ」

「しっかりするべきだ」

って常に自分を追い込むと本っ当に疲れるんですよ。

 

でも心の片隅では

家事も

掃除も

夫との関係も

ママ友付き合いも

全部全部「きちんとやりたい」気持ちって実はあるんですよね。

 

でも、

ムリムリ。まず心がもたない。

 

プレッシャーに負けて子どもにイライラしてしまう。

私がまさにそうでした。

 

 

「こんなにやってるのになんで言うこと聞いてくれないの???」

って上手くいかないことを子どもに当たってしまうんですよね。

ちさ
このあと冷静になって自分を責めまくっちゃいます…

 

だから、

「母親とは強くあるべきだ」

「母親とはしっかりしてないといけない」

「母親なんだからちゃんとしないと」

ってプレッシャーから自分を解放してあげないとなって思ったんです。

 

母親でも「弱く」たっていいじゃないか

「常に強くなんてならなくていいんじゃないか」

と思うようにしました。

 

私たちはいつだって母親として「強くありたい」って思ってますよね。

でも常に頑張ってると心が疲れちゃいます。

 

そこでふと気づいたのが、

「強くありたい」って気持ちと、

「強くあるべきだ」って気持ちは全然違うと思ったんですよ。

 

ここを同じように考えちゃうと心がすごく疲れてしまう。

 

「強くありたい」でも、「私は弱いところもある」って事実をそのまま受け入れる。

ダメダメな私もしっかりしたい私も、ぜんぶ私なんだーーーっ!!

って受け入れたほうが、心がラクになった気がしました。

ちさ
もう若干、ひらきなおり(笑)

 

「私は弱い」

って暗示をかけるのは良くないけど、

「弱い部分もある」

って認めたほうが、自分を許せる気がしました。

 

「母親とは強くあるべきだ!」に疲れてしまったあなたへ」おわりに

そういうプレッシャー抱えて苦しんでるママって結構いるなって思ったんですよ。

 

子どもに怒ってしまったことに後悔して後悔して自分を責めてる友達も多かったし。

だから「大丈夫だよ!!私もそうだよー!!」って声をかけたかったんです。

 

母親だからって強くなんかなれない!

弱くたっていい♪

ちさ
これ、自分に何度も語りかけてます(笑)

 

毎日毎日大変だけど、今日も一緒に頑張っていきましょうね♪