自分の性格の良いところを過信しすぎて大事な物を失ったハナシ

スポンサーリンク

こんにちはchissa(@chissa122)です。

私はあるとき、自分の性格を過信しすぎたなと反省することがありました。

あなたもありませんか?

勢いでやってしまって後悔すること。

 

大事な写真をそのときの感情で勢いで捨ててしまって、めちゃくちゃ後悔してるんです。

そして、自分の性格を今まで「良いところ」だと過信しすぎて調子のってました。

今回はそんな「自分の良いところ」を過信しすぎて大失敗し、猛烈に反省したハナシです。

しばしお付き合いくださいませ、、。

 

スポンサーリンク

自分の性格が良いところだと過信しすぎて大事な写真を捨ててしまった

先週思い切って模様替えと掃除をしたんです。

理由はもうすぐ7ヶ月になる息子がハイハイをするようになり部屋を広くしたいのと、何でも口に入れたがるため掃除をしやすいようにと。

 

掃除って勢いつけちゃうと、あれもこれも捨てたくなったりしませんか?

私すぐ捨てちゃう。

 

普段3人の子育てで忙しくて掃除を思いきってやることが滅多にないから、
この機に思いきってスッキリさせちゃおう!と勢いづけたのが間違いでした。

 

食器棚の横のところに貼ってあった、まだ息子が産まれていない家族が4人だったころの写真を捨ててしまったんです。 

「あれ?あのポスターは?」

旦那さんが気づき、「あ、ごめんこの前の掃除のときに捨てちゃった」と言ったら、
すごく寂しそうに「えーマジで捨てちやったの…」

と言ったんです。

その一言がきっかけで写真を捨ててしまったことをすごく寂しく感じるようになりました。

 

一度捨ててしまったものはもう帰ってはこない

その写真は、あるイベントで撮ってもらって、ポスターにしてくれたものでした。

 

3人目の息子がお腹にいてつわりがひどかったけど、なんとか笑っている私の顔と少しふっくらしたお腹、

当時ふざけてばかりで、写真のときは必ず変顔をする、次女がイーッてしたときの顔。

恥ずかしながら旦那さんの後ろではにかんでいる長女の顔。

基本的に写真が苦手で笑った顔がひきつるんだけど、今後残るであろう家族写真を素敵な思い出にしようと頑張って笑っている旦那さんの顔。

今はこんなに思い出せるけど、これから絶対、100パーセントその一つ一つの表情は忘れていく。

 

写真て、撮るときの瞬間のこと思い出すときってありません?

「ほらー撮るよ!もー、次女さん変顔しないの!可愛い顔して!ほら長女ちゃん顔隠れてるよ!ハイハイ笑ってよーー!!!」

全部思い出せるわけじゃないけど、この写真のときはイベントのときだったし、すごく楽しかったからなおさら。

 

いや、なんで捨てたんじゃ!!!

なんでそんな大事なものを!??

今はこう思えるんだけど、写真を捨てるときは「ま、このときの写真なんて他にもまだあるし、いっか!よしよしスッキリした!」なんて思っていたんですよね。

 

自分の性格の「良いところ」は大事な物を失くし、人を傷つける場合があることを知った

私の性格の「良いところ」だと思ってるとこは、ボジティブで行動力があることなんだけど、この行動力がね、今まで「良いところ」なんなら「すごいこと」だって過信してたんですよね。

今まで行動力で勢いづけて生きてきたことが多くて、後悔することは多少はあっても、「ま、経験したことが糧になってるよね」ってなんでもかんでもポジティブに受け止めてたんです。

でも今回は全然違う。

大事な思い出を捨ててしまった。

失くしてしまった。

もう二度と戻ってこない。

 

自分の性格を過信しすぎて調子乗って、大事なもの(大事な思い出)を失くして、大事な人(旦那さん)を傷つけてしまった。

ほんと、猛反省です。

 

「自分の性格の良いところを過信しすぎて大事な物を失ったハナシ」おわりに

その夜子どもたちが寝たあと、

「ねえ、反省してるから責めないでほしいんとけどさ、ポスター捨てちゃってほんとにごめんね。ほんとに反省してる。もう勢いで大事な思い出捨てたりしない。ごめんね。」

って旦那さんにあやまりました。

すんなりいいよって言ってくれて、「アレないとなんか寂しいよね」って。

うん。すみません。私も猛烈に寂しいです。

 

自分の性格の良いところは調子乗って過信しすぎると
大事なものを失くし、人を傷つけることもある

ということを今回学びました。

 

そして、自分の性格の良いところは適切なところで発揮しなきゃなと。

自分の良いところは「認めて伸ばす」けど、過信しすぎない。

今後も気をつけていきます、、、

スポンサーリンク