子供の運動神経を良くするには「ジャングルジム室内用」がマジでおすすめよー!(写真付き)

やほー!chissaです^^

まさかね私の子供が、運動神経の良い子たちになるなんて思ってもみなかった!!

わたくし、運動音痴なんですよね。。。

 

最初から「子供の運動神経をよくしよう!」と思ってジャングルジムを買ったわけでは決してないんですよ。

一番上の長女が2歳くらいのときに、(雨の日に室内で遊べるものがあったらいいなぁ、、」と思って義理のお父さんに誕生日プレゼントで買ってもらったんですよ。

 

そうして買ってもらってから、我が家のリビングにはずーっとジャングルジムが置いてあります。

そのおかげでね3人とも全員、運動神経がいいんです!!

 

ちなみに私の思う運動神経がいいというのは、ボール遊びとかではなく、

・階段で転ばないようなしっかりした足取りをしている

 

・何かに昇るときに足の運びがわかっている

 

・普段の歩き・走りがよたつかず、しっかりしている

というような感じで身体のバランスが自分で取るのが上手な子が運動神経のいい子だと私は思っています。

 

ということで、

・ジャングルジムが家にあるとどうして運動神経がよくなるのか
(我が子の写真つきで解説します)

・ジャングルジムの選び方

をお伝えしていきます!

さっそくいってみましょー\(^o^)

created by Rinker
野中製作所
¥16,600 (2019/06/27 08:17:31時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

写真つき!長男が1歳でジャングルジムを上り下りする運動神経のよさ!

我が家の長男、すごいです!

もうこれは自慢とかじゃなくて(いや、ちょっとはあるけどねw)、一歳ちょうどでジャングルジムを上り下りするんですよ!

親のサポートなしで。

 

本当は動画で紹介したいんだけど、顔を出すのってね、今の時代いろいろ問題あるじゃないですか^^;

なので動画を切り取って、写真で紹介しちゃいます!

 

まずね、ここまで自分で上るんです。一番上のボックスの中にいる状態ですね。↓↓

ちょっと見づらいんですけど、このとき長男の足はまだジャングルジムについてない状態。
右足はジャングルジムの上に乗ってます。
(次女の足とかぶってるので見づらくてごめんなさい^^;)

 

続いて左足でジャングルジムの棒を探してます。↓↓
目で足元を探すんじゃなくて足でさぐって踏み場を探してるんですよね。どこで習ったんだろう、、?

 

足で探ってようやく左足がジャングルジムの棒を見つけました!↓↓
そしたら次は右足を下ろそうとしています。

 

右足もジャングルジムの棒の部分に着地しました。↓↓

ここから下へ一気にズドーーン!!↓↓
これね、手のにぎってる力だけで体を支えてるんですよ!
実際にこのときはいつもジャングルジムが揺れて「ガタンっ」て音がするのでいつもビックリします(笑)

 

そして両足が棒の部分に着地。↓↓

 

そしたら次は下に降りるために足と手の場所を入れ替えてます。
ほんとこんな体の動き、どこで覚えたんだろうか・・下りやすいように自分で手と足の場所を調節してるんですね。

 

右手を入れ替えました。下に降りる準備です。↓↓

 

左手も入れ替えました。↓↓
右腕を棒にかけて身体を支えて、次に足を曲げてます。
次女が応援してます^^

 

下に降りる途中↓↓
右腕と左手でしっかり身体を支えているのが分かります。

一歳半てこんなに腕と手のチカラがあるんですね!ほんと驚きです!

 

あああ、旦那の枕カバーがじゃま^^;
無事着地しました!↓↓

 

このとき↓↓はみんなで「わーーできたねーー!!」と褒めまくってるので嬉しくて親の元にいこうと急いでくぐってます(笑)

 

出てきた出てきた↓↓

 

褒めてもらおうと猛スピードのハイハイで向かってくる長男↓↓
(長男は2017年の11月生まれなのでちょうど一歳だということが分かるかと思います↓↓)

 

こんな感じで親のサポートがなくても1歳の子がジャングルジムを一人で上って一人で降りることができるんです!

 

長女は2歳の頃に買ったけど運動神経は悪くないし、次女も悪くない。

小さいころからジャングルジムのおかげで体の使い方が分かっててバランスもいいし、運動神経は三人ともいいほうだと思います。

 

運動神経をよくしたいなら「ブランコ」「鉄棒」「滑り台」付きで!

しかもね、このジャングルジムは「ブランコ」と「滑り台」もついて、「鉄棒」にもなるという優れもの!

created by Rinker
野中製作所
¥16,600 (2019/06/27 08:17:31時点 Amazon調べ-詳細)

これ↑↑、うちのと同じタイプです^^

 

ブランコは自分でバランスをとって揺らすことや、滑り台は下からのぼって手を使わなくても斜面をのぼる(使い方違うけどw)、

鉄棒は長女、次女が逆上がりしたり、運動にもなります!

 

ブランコはね、我が家はしまってます。

なぜかというと、上の子たちが遊びたがってケンカしたり、あとはブランコを揺らしてる途中で長男が入ってきたりと、

「親が常に見ていないと危険」だったため、ブランコは遊びたい時だけ出すようにしてます^^

だから常に出してるのは「滑り台」と「鉄棒」の状態にしてます!

 

ジャングルジムの鉄棒を最初からつけておくとこんな使い方もする

長男がこんな使い方をするようになりました。

 

ここからどうするのかな?と思うでしょ?

これね、長女と次女がこんなふうに遊ぶからマネするようになったんですよね・・・↓↓

 

ここから・・・↓↓

 

ズドーーン!!!

もうね、ここまでくるとうちの長男、意味わかんないです・・・

次女が1歳のときにはジャングルジムをこんな使い方したことないよ(笑)

 

つまりジャングルジムがなぜ子供の運動神経をよくするかというと・・・

つまりジャングルジムを家の中にあるだけで

・強くにぎる

・つかむ

支える

・足でふんばる

・上る

・下りる

・バランスをとる

という、人間が生きるうえでとても大事な運動を勝手に覚えてくれるってことなんですよね。
(なんか専門家みたいわたしw)

 

これが実際生活していくうえでどんなふうに役立つかというと、

・公園にある木に怖がらずに登れる

・遊具を怖がらずに登れる

・はじめてのことにも挑戦しようとする

・転び方が上手くなる

など、運動神経がよくなるだけでなく自己肯定感も養えるかも?という感じです^^

 

まとめ「子供の運動神経をよくするならジャングルジムをおすすめするー!」

今回長男のジャングルジムの動画をあらためてゆっくり見てみて、小さい子の身体の動きってこうなってるんだなーと気づかされました。

子供の脳はすごい。

小さいからと思って「できない」という枠に勝手に当てはめないほうがいいんだなということを思い知らされました。

 

何回もやっていくうちに体が覚えていく、そしてどんなやり方をすれば自分の身体が動きやすいかということを学びながら体に教えていくってことですよね。

 

てことで、もし自分の子に運動神経がよくなってほしいなぁと思うなら多少部屋がせまくなってもジャングルジムは置くべきです!

もう我が家なんて5年も出しっぱなしですから(笑)

created by Rinker
野中製作所
¥16,600 (2019/06/27 08:17:31時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク