私たち親は「子供のことを幸せにはできない」という事実

スポンサーリンク

あなたはお子さんに「こう育ってもらいたいなー」って考えたことあります?

「人の気持ちの分かる子」とか「自立できる子」とか。

子供が「人の気持ちが分かるように」なったり「自立」ができたら将来困らなそうですよね。

私たち親は子供が将来困らないように、自立できるようにいつでも願っていて、そのために毎日努力し続けています。

 

でも、私たち親は子供のことを幸せにすることはできないんだって知って、ちょっと重荷が軽くなった部分と今後の責任の重大さに気づいたのと二つの感情がグッときました。

今回の記事では「なぜ親は子供のことを幸せにできないのか」、「私たち親が子供にできることはなんなのか」を私の見解でお伝えしていこうと思います。

 

スポンサーリンク

親が子供のことを幸せにできない理由

 

親にとって都合のいい子にしようとしていた

以前【旦那と夫婦で育児について真剣に語った「5年前と現在の変化」に驚いた!】という記事を書きました。

この記事の内容をざっくりお伝えすると、私と夫が第一子である長女が生まれて1歳になったときに子供にこれからどう育ってもらいたいかを話し合ったんです。

 

「人の気持ちがわかる子になってほしい」とか「はっきりと自分の意見を言える子になって欲しい」とかいろいろ希望が出てきました。

でも今現在は一つもそのときの考えが当てはまらないんです。「人の気持ちが分かる子」にはならなくてもいいと思っています。

今私たち夫婦は「子供が自分で夢を叶えられるような大人」になって欲しいと願っています。

この1つだけなんですよ。

でね、長女が1歳のときに思っていた「人の気持ちが分かる子になってほしい」とか「自分の意見を言えるようになってほしい」って考えは決して間違いじゃないとは思ってるんです。

もちろん優しい子には育って欲しいし、自分の意見をはっきり言える芯のある子に育って欲しい。

でもふと気づいたんです。

それって親が勝手に子供にそうなってもらいたいと思ってるだけだなーって。

 

子供は自分自身を「優しい子になりたい」とか「意見がはっきり言えるようになりたい」って自分から思うのかな。

子供は優しい子になって、意見がはっきり言えるようになったら本当に「幸せ」なのかな。

そう思ったら「こうなってもらいたい」って思いは親が勝手に思ってるだけかもしれないと思ったんです。

 

子供の幸せは子供にしか決められない

ちょっとした例を出すと。 あ、若干マヌケな話です。。。

以前旦那さんがね、私がお肉を好きだということで帰りにスーパーに寄って安くなったお肉をたーくさん買ってきてくれたんですよ。

帰ってきて「chissaのためにお肉たくさん買ってきたよーー美味しそうでしょ??^^」て。

 

でもね、その日は子供たちの機嫌が悪くて私も機嫌悪くて、ものすっごい大変だったから早く帰ってきて欲しかったんですよ。いつもなら帰ってくる時間なのになんでこの日に限って早く帰ってきてくれないのよーーー!!!て思ってましたw

それに帰りに気軽に一人でスーパーに行って選べることも私はできないんですけどーーー???って思ってました。

でもでも旦那さんは私がお肉が好きで、私の「幸せ」のために買ってきてくれたんですよね。

こうなると幸せかどうかって結局は「私」にしか決められないんですよ。
(そのあとお肉は美味しくいただきました。旦那さんごめんっっ!!!愛してる!!!)

 

ごめんよこんな例で、でもこれは子供も一緒で、子供が幸せかどうかは子供にしか決められないんです。

 

子供が自分で幸せを感じられるように親ができること

親が子供に願うものって一番は「幸せになったもらいたい」じゃないですか。

でも「幸せ」って他人が何かしたからって本当に本人は幸せになれるのかな。

「私たち親が子供にできることはなんなのか」

そうやって考えたら子供が幸せになってもらうために何をすればいいんかなと。

 

私たち親も自分に余裕がないと子供だけじゃなく人に優しくできないし、楽しいと思えなかったり、幸福感を味わえないじゃないですか。

でもその心の余裕というか安心感て「人に認めてもらう」とか「否定されない」ってことだと思うんです。

 

自己肯定感とか安心感とか自分を幸せにする力とか、満たされてる感じを与えてあげることが大切なのかなって。

そうやって考えたら・・・子供にはたくさん抱きしめて安心感をたくさんもってもらって、たくさん認めてあげて、好きなように生きてもらう・・・

それがいいんじゃないかなーと思ったのであります。

 

まとめ「子供には自分で幸せをつかむようにたくさんハグを!!」

以前幼稚園の懇談会の子育てセミナーで、子供を後ろからハグするのが一番いいって言ってました。

やってみるとね、まーーみんな大喜び^^ うふふふふーーって照れ笑いめっちゃします。

 

子供のためを思ってあれやこれやってするより、ハグをして「あなたのことが好きだよー」「いつも見てるよー」って安心感を与えてあげて、存在を認めてあげることが一番なのかもって思ってます。

いっぱいいっぱいになって怒っちゃうこともたくさんあるけど、子供のことを「すきだぁぁぁぁ!!!」って気持ちだけはちゃんと行動にしてあらわそうと決めました。

 

スポンサーリンク